2012年通期のミュンヘン再保険の業績(暫定版)

Normal view (turn off text only mode)
You are here:

2013.02.05 | プレスリリース

2012 年通期の暫定業績―ミュンヘン再保険、2012 年の利益は32 億ユーロ、7 ユーロへの増配を発表

ミュンヘン再保険は、2012 年の利益の速報値を32 億ユーロと発表(前年は7 億1,000 万ユーロ)。2012 年第4 四半期の利益は4 億8,000 万ユーロ(同6 億3,000 万ユーロ)。株主には、増配という形で昨年の好調な業績が分配される。監査委員会および年次株主総会の承認を経て、配当金は1 株あたり7 ユーロ(同6.25 ユーロ)に引き上げられる。

CFO のヨルク・シュナイダーは、速報値について次のように述べています。「当年度の業績が非常に好調だったのは、厳格なリスク管理、規律ある引受方針、そして収益性の高いビジネスチャンスの実現によるもの。中核事業である元受保険および再保険が堅調な一方、大規模損失による保険金請求負担は平均をやや下回った。また、運用業績も好調だった。これらのことにより、2012 年は順調に進展し、資本資源を更に強化することができた。当グループの好調な実績を株主の皆さまとも分かち合うべく、配当金を1 株あたり7 ユーロと大幅に引き上げ、当社の魅力ある安定的な配当方針を更に堅固なものとした」。グループでは最も小規模な事業分野である、Munich Health のみ、Windsor Health Group (WHG)における米国での元受保険の損失とこれに伴う評価損により、業績が期待値を下回りました。

2012 年におけるグループの営業成績は、54 億ユーロ(12 億ユーロ)となりました。主に当年度の利益が大きかったことにより、グループの株主資本は274 億ユーロと、約41 億ユーロ増加(2011 年12 月末時点:233 億ユーロ)。グループ全体のコアターゲットであるリスク調整後の収益率(RORAC)は13.2%(3.2%)と好調に伸びた一方、自己資本利益率(RoE)は12.6%(3.3%)でした。グループのグロスの保険料は5%を超える大幅な伸びを記録し、520 億ユーロ(495 億ユーロ)となりました。

2012 年12 月31 日現在の運用総額は、2,138 億ユーロ(時価2,245 億ユーロ)に増加しました(前年同期は2,017 億ユーロ)。グループの資産運用益は24.9%と大幅に増加し、84 億ユーロ(68 億ユーロ)となりました。これは、ポートフォリオの平均市場価額に対して、3.9%の収益率に相当します。

自然災害損失は通年で約 13 億ユーロ(45 億)、人為的損害は5 億ユーロでした。当年度最大の損失事象はハリケーン「サンディ」で、保険損害額は250 億ドル(全国洪水保険は勘案せず)に上り、ミュンヘン再保険には税引前でおよそ8 億ユーロの損失が発生しました。

2013 年1 月1 日現在の、損害保険分野における再保険特約の更新

競争が激化する環境にも関わらず、更新実績は好調でした。価格や条件については、概して大きな変動はありませんでした。

再保険部門の CEO、トルステン・イェヴォレックは、「再保険カバーに対する需要は比較的安定しており、キャパシティは十分にある。経済環境が依然厳しい中、弊社のポートフォリオの収益性にとっては、一貫した引受方針と、積極的なサイクル管理とポートフォリオ運用が非常に重要だ」と述べています。

2013 年1 月1 日時点で、損害保険契約の半数強が更新時期を迎えましたが、これは保険料額にして約92 億ユーロに相当。このうち、10%(9 億1,600 万ユーロ)は収益性要件を満たさなくなったことから、更新を見送りました。一方、約8 億8,000 万ユーロの新規契約を獲得。合計すると、1 月1 日現在の引受総額は90 億ドルユーロ強となり、1.5%の減少でした。事業の収益性の指標となる価格水準は0.5%と、わずかに上昇しました。

「2013 年における今後の更新については、当該事業に十分な収益機会が見られるようであれば、引き続き顧客には十分なキャパシティを提供する予定だ。顧客にとってのミュンヘン再保険の付加価値は、そのニーズが標準的な対応能力を超え、ノウハウや個々の必要性に合わせたソリューションが必要となった時に、とりわけ明確となる」と、イェヴォレックは強調しています。

今後、2013 年4 月1 日(主に日本と韓国)、2013 年7 月1 日(主に米国市場、豪州、中南米の一部)に予定される更新では、1 月の更新時よりも自然災害保険が大きな割合を占めることになります。ミュンヘン再保険では、特別な損失事象が発生しない限り、価格や条件の安定傾向はおおよそ変わらないと予想しています。


Disclaimer
This press release contains forward-looking statements that are based on current assumptions and forecasts of the management of Munich Re. Known and unknown risks, uncertainties and other factors could lead to material differences between the forward-looking statements given here and the actual development, in particular the results, financial situation and performance of our Company. The Company assumes no liability to update these forward-looking statements or to conform them to future events or developments.

連絡先

このプレスリリースにつきましてご質問等がございましたら、ミュンヘン再保険会社 Munich Re Japan 広報担当までご連絡ください。
電話:03-5251-6871


Main Navigation
Service Men
Accessibility

Note


This publication is available exclusively to Munich Re clients. Please contact your Client Manager.